エクラバリアの成分って?副作用の心配はない?

 

エクラバリアの成分って?副作用の心配はない?

 

エクラバリアには、たくさんの美容成分が含まれています。

 

こちらでは、エクラバリアに含まれている成分をご紹介します。

 

 

グリチルレチン酸ステアリン

 

 

こちらの成分は、漢方にも含まれている甘草という抗炎症成分です。
この成分は、厚生労働省もニキビに効果があると認定しています。

 

そのためニキビ効果を期待することができる成分です。

 

SPF50+、PA++++

 

 

こちらの成分は、夏に女性の絶対的な天敵となる紫外線効果の成分です。
ですが、紫外線は夏だけでなく冬もでていますので夏冬関係なくケアをするのに効果的です。

 

トラネキサム酸

 

 

こちらの成分は、アミノ酸の一種で美白効果が高いといわれている成分です。
そのためシミやそばかすに効果を期待することができます。

 

 

そのほかの美容成分

 

ピオニーエキス

 

 

この成分は、お肌の乾燥を防いでくれる成分です。
そのため乾燥肌の方には、おすすめの成分です。

 

大豆エキス

 

 

大豆エキスは、美容にはとても良いとされている有名な成分です。
そのため多くの方が、この大豆エキス成分を好んでいます。

 

海藻エキス

 

 

海藻エキスは、海のヒアルロン酸とも呼ばれています。

 

ヒアルロン酸、コラーゲン

 

 

こちらの成分は、誰もが知っている成分でもあります。
美容によい成分はなにか?と聞かれると多くの方がこの2つを答えます。

 

エクラバリアには、この2つの成分もたっぷりと配合されています。

 

 

このように上記の成分はすべて、エクラバリアに含まれています。

 

そのためこれほどたくさんの成分が含まれていますので、
安心してエクラバリアを使っていくことができますね。

 

その他の成分

 

デカメチルシクロペンタシロキサン、精製水、低温焼成酸化亜鉛、パラメトキシケイ皮酸2−エチルヘキシル、ピバリン酸イソステアリル、1,3−ブチレングリコール、メチルポリシロキサン、PEG−9 ポリジメチルシロキシエチル ジメチコン、微粒子酸化チタン、濃グリセリン、メチルシロキサン網状重合体、メチルフェニルポリシロキサン、水溶性コラーゲン(F)、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、シャクヤクエキス、海藻エキス(1)、ダイズエキス、アクリル酸アルキル共重合体メチルポリシロキサンエステル、グリセリン・ベヘン酸・エイコサン二酸縮合物、ジメチルジステアリルアンモニウムヘクトライト、シリル化処理無水ケイ酸、ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体、メチルハイドロジェンポリシロキサン、塩化ナトリウム、架橋型メチルポリシロキサン、水酸化アルミニウム、無水ケイ酸、ステアリン酸、ナイロン末、フェノキシエタノール

 

 

エクラバリアは副作用はある?

 

エクラバリアは、副作用があるのかどうかですが
エクラバリアは、副作用はありません!

 

そのため安心して、エクラバリアを使うことができます。

 

エクラバリアには、危険な成分や怪しい成分などは一切含んでいませんので
気にせずに安心して使っていくことをおすすめします。

 

実際にわたしもエクラバリアを6ヶ月間以上毎日継続し使用していますが、
エクラバリアを使って副作用がでたということは一切ありません。

 

そのため安心して使うことをおすすめします。

 

 

ですが、1度に大量にエクラバリアを使うとか
用量を守らずにエクラバリアを使う場合は、
副作用などがでる場合があります。

 

なので、絶対にエクラバリアを使うときは用量を守りながら
正しい使い方で使うようにしましょう!

 

エクラバリアは、正しく使わないと効果がないどころか
逆効果にもなってしまいます。

 

ですので、必ずしっかりとした正しい使い方で
楽しくお肌ケアを行っていきましょう!